『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。「育児日記」も書きます。

なんで騙されるんだろう

またくだらない事がニュースになっていた。

とあるセラピストが、飲み会で2時間制のルールを守らず居座り、退店を催促してきた店員さんに対して、ツイッターで馬鹿にしたような暴言を吐いたため、炎上したというもの。

 

そんな事はどうでもいい。

 

本題は、このセラピストとやらの正体である。

 

炎上したセラピストの正体は、

子宮系セラピストの岡田哲也である。

 

「子宮系」というのは、数年前から問題になっている宗教のような団体である。

子宮の声を聞くと運気が上昇するという思想のもと、講演会やセラピーを開いており、高額なグッズなどを売りつけている。

中でも、1番問題となっているのは、膣内に入れるパワーストーン(ジェムリンガ)を販売していることだ。

彼らは、膣内に危険な異物を入れる行為を、「宇宙とつながることができる」などと言っているが、とんでもない。

膣内に雑菌だらけの異物を入れる行為は、子宮内膜炎を起こす危険性があり、不妊症になってしまう事もある。

タンポンでさえ、適切な頻度で交換しないなど使用法を間違えれば、感染症などで片足を切断したり、死亡するケースだって起こっているというのに、なぜこんな胡散臭い団体に騙されてしまうのだろうか?

 

セミナーに参加する方は、女性としての身体的・精神的な悩みを抱えている人が多いという。

そういった悩みを抱える人たちが、なぜ、産婦人科や精神科の門をくぐらず、こういった胡散臭い団体の元へ足を伸ばしてしまうのだろうか?

 

古代人のように、科学的な概念の無かった頃の人類なら仕方ないけれど、

いくらでも病気の事を調べられて、相談する専門家も多いこの現代で、医学的な専門知識もないようなオヤジが行うセミナーに通う女性がいるのが信じられないが、

きっと、困っている女性たちに対して悪どい方法で洗脳しているに違いないだろうなと思う。

 

再び飲み会の炎上の件に戻るが、

炎上した飲み会では、教祖の岡田と、セミナー会員のメンバーを合わせ、9人程度で集まっていたらしい。

9人もいれば、数人くらいは、飲み屋の2時間制を守って退店しようと提案する人が出そうなものだが、

退店しなかったという事は、つまりそういう事なんだろうと思う。

 

恐ろしい。

 

 

追記

こちらもやばい団体なのでご注意を。

 

それにしても、、、

ほんと、、、こういう団体って、

どいつもこいつも品の無い名前ですこと‼︎‼︎