『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。「育児日記」も書きます。

会話が普通に成り立つ相手と結婚するのが1番

結婚して2年目。

幸せかどうか聞かれたら、幸せですね。

まだ新婚で頭の中がお花畑で、現実が見えていないとか、そういうわけではありません。

至極冷静に、普通に、「幸せです」と言えるのです。

 

理由は、

「会話が普通に成り立つ」

これに限ります。

2年暮らして、なぜ幸せなのかを考えた時の結論として、1番妥当な答えが、「会話が普通に成り立つ」だったのです。

 

会話が普通に成り立つかどうかなんて、そんなの当たり前のように思うかもしれません。

ですが、毎日暮らしていく際には、非常に重要なことなんです。

 

会話が成り立たないと、どういう事が起きるか?というと、

例えば、

何か高価な買い物をする時に、相手に相談も無しに買ってしまったり、

重要な事を話さず、言葉足らずになり、それが元で何かしらのトラブルを引き起こしたり、

会話より感情が先に立ち、話し合いができずに口論になったりする。

 

夫婦というのは、たまにしか会わなくても良い恋人と違い、毎日顔を合わせる事になります。

会話が成り立たず、いちいち摩擦を引き起こす関係性というのは、想像しただけでも、大変なストレスになると思います。

 

私たち夫婦のルールは、

●相手が察してくれると思わない。

●言葉足らずにならないように、伝えるべき事を具体的に話す。主語なし言葉、指示語などを使わない。

●相手が何を言っているか分からない場合は分からないままにしないで質問する。

●相手が理解しやすいよう気遣う(※知識レベルを相手に合わせた会話をする)。

●意見が合わないときでも、互いの意見を尊重して、どちらの意見の方が合理的かどうかを話し合う。

 

相手があまり知識のない内容は補足を入れる

 

こんなこと、できて当たり前のように思うかもしれませんが、

この当たり前が出来ないと、夫婦として協力し、生活する事ができません。

つまり、

「会話が普通に成り立たない相手とは、

  幸せな結婚生活はできない」

というのが、私の結論です。

 

結局のところ、

「会話が普通に成り立つ」という事の根底には、相手と上手く付き合おうとする気遣い、

つまり「愛情」があるわけで、

それが、「会話が普通に成り立つ」=「幸せ」なのではないだろうか?

というのが、私の考えです。

 

もし、まだ未婚の方がいましたら、

「会話が普通に成り立つかどうか」

これを念頭に置いて婚活して頂けたらと思います。