『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。「育児日記」も書きます。

安かろう悪かろう

もうすぐ主婦歴2年になります。

まだまだ新米主婦で経験は浅いですが

お金の使い方だけは大分成長したのではないかと思います。

 

心がけるのは

「安かろう、悪かろう」

ということ。

安くても品質の良いものはたくさんあるし、逆に、高くても品質の悪いものもあります。

しかし、大抵は、物の相場が分かってくると、相場より低いものというのは、品質が悪い事が多いです。

 

自分が使用する上で求める品質が確保されているなら、

安いものでも構いませんが、

安全性や機能性を求めるならば、

相場より高いものを買うべきです。

 

また、品質の良いものが増えて欲しいと願う時は、質の高い生産者に対して、それなりの対価を支払うという意識も必要だと思います。

 

生産者のコストカットの背景が、理にかなったものなら良いのですが、

理にかなった理由でのコストカットでないならば、

ひたすら安いものばかりを選んで買う消費者自身が、

「安かろう、悪かろう」を増やす一員になってしまうことを自覚しないといけないと思います。

 

【まとめ】

★安いものは、最低限の機能性である事を納得した上で購入する。

★安全性、機能性を求めるなら、それなりの相場のものを購入する。

★良い生産者には、ちゃんとした対価を払う。

 

 

【追記】

品質の良いものを買う意味

★品質の良いものを買うことは、返って節約になる事が多々あります。それは、品質の良いものは長持ちで、壊れても修理が可能である場合があるからです。また、機能性が高く、快適な生活になるのでストレスが少ないです。

★主婦になってから思うことは、この世で1番の節約法は「健康でいること」。体が不調になると、医療費がかかるのはもちろん、体の不調により人件費のかかる外部サービスを利用する事が多くなり、多額のお金がかかります。

また、精神的な不調になると、ストレス解消に余計なお金を使う事が増えてしまいます。

健康で、医療費がかからない、自分で出来ることは自分でする事ができるというのは、それだけで節約につながります。