『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。「育児日記」も書きます。

チラシ袋で毎日きれいに過ごす

家の中に

燃えるゴミを入れるゴミ箱は

いくつあるでしょうか。

 

我が家は

大きなゴミ箱がひとつと

小さなゴミ箱が2つあります。

この、小さなゴミ箱というのが

意外と虫が湧く原因になったりします。

 

実家に居た頃

小さなゴミ箱に

みかんのむいた皮を捨てておいたら

カビが生えたり

お菓子のカスなどに

虫が来たりしたのを覚えています。

小さなゴミ箱って

満杯になるか

ゴミの日に回収するかの

どちらかなんですよね。

だから割と

食べ物のゴミなども捨てているのに

数日間そのままにしている事があります。

いま考えると、汚いなと思います。

 

そんな理由から

新生活を始めた頃

小さなゴミ箱を放置することを嫌って

夜寝る前には必ず

小さなゴミ箱に溜まったゴミを

大きなメインのゴミ箱に捨て

ゴミ箱を必ず空にするようにしていました。

それでも、季節がら

アイスの包装ビニールなどを捨てたりすると

ゴミ箱の底に垂れたアイスやらが付いていたりで

頻繁にビニール袋を変えていました。

 

でも、頻繁にビニールを替えていたら

ビニール袋がなくなってしまいます。

スーパーなどでもらえるビニールは

キッチンでも生ゴミを密閉して捨てるのに

かなり使っていますから

小さなゴミ箱ごときに

大量のビニールを消費したくないわけです。

じゃあ、どうするか?

と、考えたのが、チラシ袋の活用でした。

 

f:id:hataragi:20171217122101j:image

 

家のポストに毎日のように投函される

不動産やらのうざいチラシたち

スーパーのチラシたち。

それを袋に折ったものなら

躊躇なく使い捨てできるというわけです。

 

チラシは紙でできていますから

捨てたゴミの湿気を吸収するため

消臭効果も期待できます。

チラシがあればたくさん作れますから

満杯になる前に

鼻をかんだティッシュなどが汚いなと思ったりしたら

満杯になる前に躊躇なく捨てることもできます

(ウイルス拡散防止にもなる)。

 

多少の水分を含むようなものを捨てたりする事があったりして心配な時は

袋を二重にしたり

スーパーで肉や汁物を包む無料袋などを被せておけば安心です。

 

テレビを見ながら大量のチラシ袋を折って

毎日使っていますが

とても重宝しています。

 

ほかの使い方としては

魚を食べた後の骨をチラシ袋に入れたあと

ビニールに包んで捨てると

汚いゴミがビニール越しに見えないですし

臭わないです。

魚だけではなく

ビニール越しに見たくないようなゴミを

見えないようにしたり

臭わないようにしたい時も

便利だと思います。

 

気に入ったら、使ってみてはどうでしょうか。

 

 

チラシ袋の折り方はコチラを参考に。