『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。

イージーモードを選択するのは恥ではない

私はゲームをするのが好きです。

簡単なゲームも難しいゲームも好きです。

要は、自分にとって面白いかどうか

それが1番重要です。

 

そして、ゲームの難易度で

イージーモード(簡単)

ハードモード(難しい)

の2つがあると、

遊んだ事のないゲームの場合は、

必ずイージーモードから遊びます。

 

いきなりハードモードに挑戦する事はありません。

自分がそこまでゲームが上手いわけじゃないと

知っているからです。

 

無理してハードモードで遊んでも、ゲームが難し過ぎて、嫌になるはずです。

それは決して、難しいゲームが嫌いという意味ではありません。

難易度の高すぎるゲームというのは、

本来、ゲームの上達の為に必要なトレーニングさえする余裕を無くし、

果てには、ハードモードを選択した自分が悪いのに、

ゲームの理不尽さを嘆くような結果になりかねません。

 

ですから、私は無理せずイージーモードから入ります。

そして、十分にゲームのシステムに慣れ

トレーニングを重ねてから

ハードモードに挑戦します。

イージーモードが楽に遊べるようになった頃には

ハードモードの難易度が理不尽であろうとも、

なんとか攻略してやろうという意気込みが生まれています。

それは、攻略の為の基本的なノウハウが、自分の中で習得されているからです。

 

もちろん、シリーズとして続編が出ていて

基本的なシステムはほとんど変わらず

前作のハードモードをクリアした事のあるゲームならば

最初からハードモードで遊ぶことはあります。

しかし、それでも、

前作発売と新作発売の期間がかなり空いていて

ブランクを感じていたり、

新作のハードモードが異様に難しかった場合は、

無理せずイージーモードから入ります。

 

自分の能力を見極め、無理をせず

自分のできる事から堅実に技術を習得し

ゆっくりでもいいから高みは目指し

楽しく遊ぶという事は決して忘れない。

 

私はそんなゲーマーでありたいです。

 

 

【追記】

魔界村

太鼓の達人の鬼レベル

バトルファクトリー金ネジキ

怒首領蜂

…等のゲームはさすがに無理です。

私は普通の人間なので

 

人類辞めた人の例↓