『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。

人間もたまにはシャットダウンしようぜ

毎日生活していると、特に自分が望まなくとも、様々な情報が入ってくる。

その情報のほとんどは、不快な気持ちになるものがほとんど。

日本でのんびり暮らしているけれど、世界は全然平和じゃない。

ニュース見れば分かるっしょ。

それは、日本も同じ。

日本もあんまり平和じゃない。

戦争してないけど、働きすぎて人死んでたりするし。

 

のんびり暮らしているとは言っても、自分自身だって、いつ不安定な状況になるのかは定かではない。

今まで生きてきた日々の中でも、安定と不安定は交互にやってきた。

 

もっとスケールの大きいことを言えば、地球自体が不安定だ。

もっともっと言えば、宇宙全体も不安定だ。

 

テレビを点ければ、新聞を開けば、本を開けば、ゲームをすれば、不快な情報だらけ。

 

でも、それが普通っていうか、生きていくって、不快との戦いなんじゃないかと思う。

 

楽しいことだって、不快がつきもの。

ちょっとしたゲームをするのだって、劣勢に追い込まれていた時は不快だと思う。

いや、不快になるのも込みだから楽しいのだけれど。

一方的な勝ち方したって、つまらないから。

 

不快不快不快、不快ばかりを語ってきたけれど、何が言いたいのかって言うと、不快とうまく付き合っていきたいなってことです。

そのために必要なことは、

たまに情報から離れてみることです。

 

テレビ点けない

ニュース見ない

本読まない

ゲーム(ネット対戦も)しない

スマホやパソコンを開かない

 

何の情報も入ってこない中で、ぼんやりと、家の窓から外を見てみる。

目の前のそれすらも、小さな情報ではあるけれど、

いつもの、ほんの些細な生活音やら、遠くを歩く人、住居ではためく洗濯物、なんてことないいつもの空、

それらを見ていると、

なんだか頭が軽くなる。

 

世界のニュースやら、日本のニュースやら、他人事でも他人事じゃなくても、心が痛む。

心が痛むと、なんだか疲れてくる。

世の中は目まぐるしく変わるから、常に鮮度の高い情報を得ないといけないプレッシャーで、なんだか疲れてくる。

世界は全然平和じゃなくて、なんだか疲れてくる。

日本も全然平和じゃなくて、なんだか疲れてくる。

狭い世界でも他人とのめんどくさいやり取りで、なんだか疲れてくる。

ゲームやっていたって、酷い負け方したり、負けた時に回線切る奴にイライラしたりして、なんだか疲れてくる。

 

情報過多の時代だから、何をしても疲れるんだと思う。

だからこそ、人間もたまにはシャットダウンしようじゃないかと思う。

そこいらの人間よりよっぽど頭の良いパソコンが、重いデータのアップデートやらでいちいちシャットダウンするんだから、

人間なんて、もっとシャットダウンしなきゃいけないんじゃないか?と思う。

 

宇宙より、地球より、世界より、日本より、

この小さな住処の窓から見える景色から、

明日も歩いて生きたいと思う。