『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。

万年筆 洗浄中。。。

午前中、夫が遊びに行ったので、お昼ごはんを作り始めるまでの空いた時間に、溜まった家計簿やら日記やらを書いて、検定試験の勉強を始めようとしたのですが、 

 

万年筆のインクが切れてしまいました。

 

万年筆は、何本も持っているので、他のもので書けるのですが、インクが切れたまま放置すると、インクが乾いて中で詰まってしまうので、急遽万年筆の洗浄をすることになりました。

 

ちょうど昨日も、夫と出掛ける時に、給油ついでに車を洗車したばかりでした。

万年筆も、洗ってもらいたかったのかもしれませんね。

 

万年筆は、パイロットのカスタム743で、ペン先はファルコン(FA)です。

インクは、色彩雫の「月夜」で、とても綺麗な色でしかも普段使いのできる青系なので、とても気に入っています。

 

万年筆というと、定期的に洗浄したりするのが面倒という人もいるかもしれませんが、

いやいや、

すっげぇ楽しいです。

しかし、どんな風に楽しいかというと、…これがうまく説明できません。

 

その万年筆が、気に入っていればきっと、洗浄するのは(手入れするのは)楽しいはずです。

万年筆は、書き味と見た目に一目惚れしたもの以外は、買わないほうがいいです。

愛情の薄い万年筆は、必ず手入れを怠るようになり、インクが詰まってもそのまま放置して、使い物にならなくなってしまうでしょう。

私の場合は、自分の気分で特定の万年筆ばかり使ってしまう時は、とりあえずインクがなくなるまで使いたおしてから、一度綺麗に洗浄して、インクを完全に抜いてあげて、乾かしたうえで休眠させています。

 

ただいまお風呂に入っている万年筆。

綺麗に洗浄できたら乾かして、インクを入れて、また戻ってくるでしょう。

洗浄すると、また書き味が最高水準まで復活します。

 

洗浄するのが楽しいのは、万年筆に対する愛情もありますが、書き味が最高水準まで復活するのが楽しみなのも、大きな理由のひとつです。