『食』を勉強中。。。

「食」に関する事を勉強していきます。「育児日記」も書きます。

『神は脳が作った』を借りてきた。

図書館で借りられたので借りてきた。

まだあまり読んでないのですが、序盤からワクワクしてくる内容。

 

神は、脳がつくった 200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源

神は、脳がつくった 200万年の人類史と脳科学で解読する神と宗教の起源

 

 

なぜこの本を借りてきたのか?というと、

先日、宗教勧誘のおばさま達と話したのがきっかけだ。

勧誘はしつこくなかった。

子どもと散歩していたので、少し世間話をしただけ。

いたって普通のおばさま達といった印象で、ご自分のお孫さんの話もされていた。

身なりも上品で、身につけているもの等を見ると、かなり裕福な家庭ではないかと思われる。

宗教に入らなきゃいけない感じには見えない。

代々受け継がれたものなのか、あるいは、気軽な感じで信仰しているだけなのか?

いや、まぁ、セレブで信仰してる人なんてたくさんいるし。

今は貧しい方が宗教なんてやる余裕無いかもしれない。

宗教にはとにかくお金がかかるようだから。

 

宗教勧誘する方の背景が知りたくてウズウズして、いつもいろいろ妄想にふけってしまう。

 

私は、人間が古代から色々な神を作ってきて、その神をどのように利用してきたか。

そういう話題にとても興味がある。

 

まぁ、つまりは、私は神を信仰していない。

神社や寺などの、あの厳かな雰囲気はとても好きだけれど。

 

人類がまだ自然からの脅威に打ちのめされていた古代に、人間が発明したのが神なんだろうと思っている。

この発明は人々をまとめたり、心の支えになったり、道徳心を学ぶ機会を作ったりしたが、その陰で、時の権力者たちの道具にされて、血なまぐさい歴史もたくさん作ってきた。

現代になって、自然からの脅威から、ある程度は安全に暮らせる技術でもって、神はその存在価値が危ぶまれてきているが、それでも神は絶えていない。

なぜなら、未だに権力者たちの道具として利用価値があるからだろう。

 

話が少し横に逸れたので戻る。

 

世界中の至る所で、何かしらの神が存在し、信仰されているのが、本当に不思議でたまらない。

神など全く信仰していない、っていう地域や文明はどこかにあるのだろうか?私は今のところは知らない。

それくらい、この世界は何かしらの神が作られている。

人類は本当に想像力豊かだとか、そんな話では無くて、何か意味があるような気がしてならない。

神が本当に存在していたりして、とか、そういう話では無くて、人間がある状況下に置かれた際に「神」と呼んでいるものを作り出すのは、人間の「機能」のひとつなのでは?と思ったり。

じゃあ、そういう本を読んでみたいな!って事で、探してみたのが本書だった。

 

『神は脳が作った』とか、

もうタイトルからすごいぞ。

本格ミステリーみたいな内容で、ワクワクが止まりません。

 

かなり分厚い本だから、貸し出し期間中に読めるか不安。

独身の時だったら余裕だけど。

いままだ赤ちゃんいるからな。

まぁ、頑張って読んでみて、読みきれないけど面白すぎ〜〜とかならkindleで買うかな。

 

 

子どもの水遊び用の残り湯の活用!

夏は子どもにお風呂場で水遊びさせています。

子どもは毎回大喜びです!

遊ぶのは、朝起きた時と、昼間に遊んだりして汗をかいた時の2回ほどです。

夜はふつうにお風呂に入ります。

 

水遊びと書いてますが、正確にはお湯です。

お湯を少し出しながら、遊んでいる間に少しずつ湯船にお湯がたまっていきます。

遊びなので、お風呂の時ほど湯船にお湯をためることはありませんが、ある程度はためます。

そして、遊びが終わると排水していました。

 

けれど、なんかもったいないなと思っていました。

何かに活用できるんでは?と。

 

衛生的、かつ、安全面を考えると、排水で正解です。

ためておいときたくはない。

お風呂のお湯はすぐに雑菌が大繁殖します。

また、少し目を離して油断した時に、子どもがためた水で溺れるのも防ぎたい。

 

というわけなので、使うならすぐに使ってしまいたい。

 

そこで、ベランダ掃除に使うことにしました。

 

折りたたみバケツに残り湯を汲んで、ベランダ掃除に使うのです。

これがほんとに快適快適。

 

我が家はマンションなので、ベランダに便利な水道などありはしません。

しかも水を給水する所が狭いです。

キッチンも風呂場も狭くて、給水が億劫です。

いつもは2リットルの夜間に水を給水して、少しずつ水を注ぎながら掃除していました。

でも、風呂場ならデカいバケツを持ち込めます。

ガバッとバケツにお湯汲んで、ベランダにジャパーン!思い切り湯を流します。

 

水の勢いの力はすごい。

ちびちび水を流しながらブラシで擦るより、ずっと早くベランダが綺麗になります。

排水溝に溜まった泥も一気に流れます。

 

簡単だから、気軽に毎日できます。

一度で綺麗にしようと思わず、毎日こんな大雑把な洗い方をしている方が少しずつ綺麗になっていく上に、綺麗を維持できそうです。

 

台風が来て、ベランダが小汚くて憂鬱だったのですが、大雑把な洗い方で綺麗になり、夏だからあっという間に乾いて、綺麗なベランダで気持ちいいです。

 

これで洗濯物に砂埃がつくんじゃないかと気にしなくていい。

 

色々工夫して、毎日の掃除を楽しみたいものです。

 

 

 

 

 

洗濯物の仕分けと干し方

子どもがいて、洗濯物が増えているので、洗濯物の干し方を変えました。

 

自分なりの2019年☆最新版です。

 

まず、洗濯物は種類別にネットに入れる

●タオル類

●子ども衣類 ガーゼなど

●大人 ハンガーに干す衣類

●大人 ピンチハンガーに干す衣類

●夫 シャツ

うちは5種類に仕分けしておきます。

しみなどの汚れのある衣類は予洗いしておきます。

それ以外の洗濯物は別に洗濯します。

例えば、シーツなどです。

シーツは、洗濯物が少なくて入りそうなら洗濯します。

しかし、トイレマットやキッチンマットは別に洗います。

 

また、洗濯物が多くて、洗濯を2回に分ける時は、大人のハンガーに干す衣類を後回しにします。

 

干し方

人数…うちの場合は、大人2人、子ども1人です。

基本:ピンチハンガー2つ、ハンガー、補助のミニピンチハンガー

 

まず、ピンチハンガーの中央に、バスタオルを干します。

そのあと、大人のピンチハンガー用衣類を干します。

次に、子どものズボンをピンチハンガーに干します。

次に、タオル類を干します。

次に、子どものガーゼや靴下と、ピンチハンガーに干せなかった残りのタオル類を干します。

最後に、子どもと大人のハンガー用衣類を干します。

完了。

どこに干そうかな〜などの迷い無く、さっさか干せるのであっという間に干せます。

 

洗濯物が憂鬱な方、ぜひお試しくださいませ。

 

 

久しぶりに万年筆にインク入れた

万年筆にインク入れた。

2本だけですけどね。

セーラープロフェッショナルギアに極黒のインク入れて

カスタム743に月夜のインク入れました。

 

なんか、子育てに余裕出てきた感じがする!

 

子どもに絶対いたずらされないようにだけは気をつけたいと思います。

インク舐めちゃったら大変なので。

 

 

9月になりました。

遂に9月になりましたね。

あと4ヶ月くらいで今年も終わると考えると、なんとなく気持ちが焦ってしまいます。

でも、できる事を1つ1つやっていくしかない。

それはずっと変わらない。

 

できるだけ様々な事に対してしっかり意識して、アンテナを張って、それでいて出来るだけ楽しんでいくしかないですよね。

毎日毎日同じことの繰り返し、なんて風に日々の暮らしを捉えてしまう事がないようにしたい。

そうして、日常の大切さを噛み締めて生活していけば、あっという間の4ヶ月にはならないかと思います。

 

理想論だけど、理想は持ち続けたい。

 

 

片付け大分進んだから今日はゲーム

片付け大分終わりました。

キッチンと居間の片付けは完了。

あとは本だけ。

いや、本だけというのが厄介だけどね。

私はオタクですから。

 

ここ5年くらいでほとんど電子書籍にしているから本は増えていないけども、昔の本はあるし、電子書籍で売ってない書籍は買っているしで、なかなかまだ減らせない状態にあります。

とにかく、取捨選択して本を減らさないとって思っています。

 

残す本の基準を明確にしないとな。

●2千円以上の本

●絶版本、希少本

料理本、育児本、栄養学

●児童心理系の学術本

●寄贈本

 

とりあえずこんな感じかな。

ジャンル別に図書館みたいにリスト作ろー!

 

てか、昔作っていたんです。

本リスト。

実家に居た頃は、毎年年末に100冊くらい古本屋に持っていかないと押入れがダメになるほど買っていたんで。

7割ぐらい漫画本だけど(笑)

 

今年の初めに300冊ぐらいを図書館に寄贈して大分減らしたけど、まだまだ減らさないと。

子どもの物が増えるから、スペース作ってあげたいな。

 

でも今日はとりあえず連日片付けで疲れたから、久しぶりにゲームやりましょか。子ども寝てるから。